カミグセ「SとNの間の香り」 作・演出 つくにうらら(カミグセ)

2016 12.22 thu - 25 sun @space EDGE

公演の詳細はhttp://www.kamiguse.comより


クラウドファンディング実施中!

「カミグセ『SとNの間の香り』再演製作支援プロジェクト」



ありがとうございました。

1/10世紀のはらっぱ祭り参加作品 カミグセ「ざり蟹、水辺を遠く離れて」無事に終わりました。
ご来場頂いた皆様、関係各所の皆様、本当にありがとうございました。

今回の作品は日没しないと上演できないため、日没待ちという名の下に、高谷楓によるダンスの上演、カミグセ嵯峨ふみかによる観客全員参加のラジオ体操など、結果的に様々な付帯イベントともにお送りすることとなりました。
いろいろ申し訳ありませんでした。
きっと寒かっただろうなと思います。
ちなみに私は外気がわからないレベルまでぶくぶくに着込んでいました。
いまは自宅で壁と屋根にひたすら感謝しています。

今回は、私が一人暮らしをはじめてから感じたこと、考えたことを作品にしました。
この一人暮らしがなければできない作品でした。
だから、私の話、といっても過言ではありません。
でも恥ずかしいなんてことは全くなく、稽古すれば稽古するだけ愛おしさの増す作品になりました。

今回は客席が少なかったためほとんどの方がご覧になれていません。
私は好きなものはみんなに自慢したいという厄介な性格なので、またどこかでこの作品は再演します!

ということで、今回はこれで、また会う日まで。

f:id:ulalatsukuni:20150310025035j:plain

みんなで写ってるのがこれくらいしかなかった・・・。

打ち上げ、我が家でやったのですが、元劇団員藤田彬とカミグセ常連中村佳奈の参戦もあり、

f:id:ulalatsukuni:20150310180038j:plain

人が多い。
75cm×75cmのコタツに7人は狭かった・・・。


というわけで、ここから秋まで、しばらく脚本・演出はお休みです。
再来週くらいから月1くらいのペースで制作さんになります、今度は受付でお会いしましょうね。

あと、カミグセの10月公演に向けて5月にオーディションをします。
また告知しますが、私は初めてオーディションをするので緊張しています、なので皆さんはせめて緊張しないで来て欲しいです。



さて、普通の生活に帰って来てみたはいいものの。
かれこれひと月ほど疑心暗鬼の国にいる私は正直あんまり健康ではない、気がしています。
最近の心の口癖は、「人間には無限の可能性があるからいけないんだ」と、「カラオケ行きたい」もっぱらこの2つ。

健やかな生活はいずこに・・・