カミグセ「SとNの間の香り」 作・演出 つくにうらら(カミグセ)

2016 12.22 thu - 25 sun @space EDGE

公演の詳細はhttp://www.kamiguse.comより


クラウドファンディング実施中!

「カミグセ『SとNの間の香り』再演製作支援プロジェクト」



新年ほそぼそと営業中、です

新年のご挨拶して終わってた。

新年、引き続き営業中です。
でも今はちょっと集中力切れたのでブログ書いてます。
 
 
6日から仕事始めでして、Next舞台制作塾の宮永琢生ゼミ「-Next Lab-『未来への方程式 -いくつかの症例と「ままごと」の遊び方-』」のアシスタントをやらせていただいております。
 
6〜8日で受講される方々と個人面談を行い、プログラム編成、そして12日から講座が遂にスタートしました!
 
今回宮永さんの講座では、制作実務についてをやるのではなく、もっと根幹のプロデュース、集団、地域などについてをディスカッションしながら考えていきます。
私もまだまだ勉強中の身ですので、サポートしながら色々考えていこうと思います。
毎週日曜日、1月12日~2月9日まで全5回、がむばります。
 
 
 
で、新年は。
 
花園神社に初詣行ったり、

f:id:ulalatsukuni:20160204033259j:image

川崎大師に初詣行ったり(行き過ぎ)、

http://instagram.com/p/iwli53Fcpc/

ピンボールの懐かしさ、ね、昔必死にやってました。

今やったら大人料金で、当たり前だけど驚いた。

 

あとは打ち合わせとか、鍋とか、打ち合わせとか、とか。

 

 

正直言えば年末年始は精神的に絶不調(笑)で、会いたい人以外には会いたくない状況(いやこれは当たり前だけれども)だったのでした。

現状だいぶスッキリはしてきたけれども、これはもうゆっくりやっていかねば。

自分の性格が原因で招くことは、なかなかに厄介で、本当に気が滅入る。

 

当面の目標は、自分のやりたいことの為に家の外に出ること、身だしなみを整えること(でも毎日お化粧はし過ぎないこと)、可視化できない誰かの世界を怖がらないこと、です。

何かに頼らず生きていけたら素敵だけど、一筋縄でいくほど私も出来た人間ではありませんし。

 

 

中学で書道部だったころ、色紙に言葉と絵を書く作品を作ったことがあって。

何を書いても良かったんだけど、私は咄嗟に、

 

「好きなものを好きなだけ愛すのは難しい」

 

って書いたんですね。

この言葉は今でも私につきまとっている気がします。

今もまた、そういう状況かもしれないです。

 

手を振っていただけの頃はまだ良かったけど、触れた瞬間手が離せない。

引き剥がそうにも愛おしい。

常に目の前には置いておけず、目の前にあると私の歩く道がよく見えない。

手を取って歩かせてもらおうとしたら私の行きたいところにはきっと行けないし、

だからといって横に置くと、常に横を向きたくなるから首が疲れてしまう。

 

そんなような。

距離や配置なんかがとても難しく感じる毎日です。

でも、叶うならば、好きなものを好きなだけ愛していたいと思いもします。

 

 

ご飯があまり食べられなくなったおかげで体重が少し減ったけど、連日宮永さんに連れられてご飯を食べていたら少しずつ胃が拡張されてきた気がします。

亀戸美味しいお店多いし危険だなあ。

亀戸餃子は衝撃でしたね。わんこ餃子。

ごっつの背脂感溢れるラーメンも久々で、食べきれなかったさすがに。

 

 

12月31日に、栃木の祖父母の家の近くにあった保育園に忍び込んで(ごめんなさい)、少し写真を撮りました。

http://instagram.com/p/ilAb1hlcgz/

 

http://instagram.com/p/ilAhPfFcg4/

 

http://instagram.com/p/ilAmvElcg8/

 

このあと国道沿いのマックにいたら、まだ17時ぐらいだったのに祖母が探しに来て、何だか腹が立ってしまった私はそっと席の影に隠れてやり過ごしたのでした。

何に腹が立ったのかというと、恐らく祖母が見ている私はまだ10歳ぐらいでしかない、ということで、祖母がマックの店員に「ここに女の子来ませんでしたか?」と聞いてももちろん私がその女の子だと店員もわかるはずがなく、祖母が立ち去ったあと、そっと後を追うようにして私もマックを出て行きました。

 

私たちが帰るまでの二日間、事あるごとに両親の口から祖父母に向かって出た「もう子供じゃないんだから」は、子供用の先の丸まったハサミで皮膚を突っつくように傷も痛みも与えず、しかしその行為自体に少しヒヤリとするような形で、私の記憶に刻まれました。