カミグセ「SとNの間の香り」 作・演出 つくにうらら(カミグセ)

2016 12.22 thu - 25 sun @space EDGE

公演の詳細はhttp://www.kamiguse.comより


クラウドファンディング実施中!

「カミグセ『SとNの間の香り』再演製作支援プロジェクト」



カミグセ、2016年にやる残りの公演のオーディションをします

やっほう。

ブログいっぱい更新したい!

ということで。

 

昨日もカミグセ「隣の芝生の気も知らないで」の稽古でした。

いっつも何かと人力で頑張りたがる私ですが、今回はその気持ちが爆発しているようで、もう動けや動け、俳優さん大変そうです。

でも稽古しないと出来上がらないからね、今日も稽古します。

 

昔は稽古嫌いで、「あー、寝て起きたら作品できてないかな・・・」ってずっと思ってたのですが、今はほんとに「稽古!稽古!!稽古!!!(台本書けてないとき除く)」みたいな人になりました。

稽古しないと、稽古は人を裏切らないからね。

あとはもう少し、短時間で色んなことをクリアできるようになりたいところ・・・

 

 

さて、そんな公演間近のカミグセですが、公演終わってもまだ大忙しです!

カミグセ、1年ぶりのオーディションです!!

今回は、8月にやる短編集公演(男女とも若干名)と、12月にやる本公演(女子のみ若干名)の出演者を募集します。

 

実を言えば、カミグセ、来年から少し活動形態が変わるかもしれず、こうやって大々的にWSオーディションをしたりみたいなことが来年以降もできるかわかりません。

もし、ちょっとでもカミグセに興味がある方は、今回を逃さず受けに来て欲しいです。

 

ちなみに、上記2つの公演に出れない方は、ワークショップのみの参加でもOKです。

もしかすると今年はご一緒出来なくても、今後何かのご縁があるかもしれません。

 

もちろんカミグセを観たことなくても応募できます。

ただ、どうせなら月末から本公演もあることですし、観ておいてくださると実はとっても助かります。

これ、どうせ収益云々なんだろ、みたいなこと言われそうだしまあそれも無いわけないじゃないだって赤字は嫌い、だけど、何よりもカミグセの雰囲気が、皆さんの活動の方向性とあってるか否か、ご自分の目で確かめて頂いてからご応募頂きたいのです。

もしカミグセの作風とご自身が出たいと思っている作風が違っていたら、それはとてももったいないし、もしかするとやりたくないことを強いてしまう可能性もあります。

あ、だから、もう募集は開始してますが、不安な方はカミグセ観てから応募するかどうか決めてもらって大丈夫ですよ。

どうぞ焦らず、早期〆切等も基本的にありません。

 

WSオーディションと言っているくらいですから、会場に来てただ台詞を読んで帰る、くらいの簡単なものではないです。

時間いっぱい体と頭を使って、台詞も喋って、何なら最後には個人面談もあります。

でも怖がらなくて全然だいじょうぶ、ただ純粋に、来てくださった方のことを出来る限り沢山知りたいというただそれだけです。

 

WSオーディションにはたくさん人が来てくれたらとても嬉しい、でも来てくれたからには楽しんでいってほしいので、嘘をつかずにこういうことも書いてみました。

去年のWSオーディションも色んな出会いに恵まれて、前回公演「あのこそのことはないちもんめ」も今回の「隣の芝生の気も知らないで」出演者も、実は半数以上が去年のオーディション参加者です。

ぜひ、出会いに来てください、私は全力でお出迎えします。

 

 

《公演参加条件》
・18歳以上の男女

①8月の短編集公演に参加希望の方(男女とも若干名募集)

7月初旬からの稽古、並びに8月24日[水]~8月28日[日](予定)に行われる公演全てに参加できる方
※稽古は週3~6日程度
※稽古の欠席等は要事前相談

②12月の本公演に参加希望の方(女性のみ募集)
11月初旬からの稽古、並びに12月中旬頃(予定)に行われる公演全てに参加できる方
※稽古は週3~6日程度
※稽古の欠席等は要事前相談

 

《日時》
4月22日[金]13:00|18:00
4月23日[土]13:00|18:00
4月24日[日]13:00|18:00

上記全6回のうち、いずれか1回にご参加ください。

 

《会場》
神奈川県川崎市某所
(ご応募頂いた方にお知らせ致します)


《参加費》
¥1000

 

《応募方法》
・お名前(フリガナ)
・所属劇団名、所属事務所名(あれば)
・性別
・生年月日
・これまでの経歴
・電話番号
・メールアドレス(PC推奨)
・ワークショップ参加希望回を第二希望まで
・カミグセの作品、もしくはつくにうらら演出作品を観たことがあるか(ある方は作品名もお書きください)
・オーディション参加 or ワークショップのみ参加(どちらかを記載)

上記を本文にご記入頂き、バストアップ写真のデータを1枚添付の上、info@kamiguse.comまでメールにてご応募ください。
こちらからの返信をもちましてご応募完了となります。

 

《締切》
4月17日[日]23:59まで

 

《お問い合わせ》
MAIL:info@kamiguse.com
WEB:http://www.kamiguse.com/

 

↓こちらにも載ってます、こっちは嵯峨デザインで可愛いよ。↓

www.kamiguse.com

カミグセ「隣の芝生の気も知らないで」のお知らせ

お久しぶりです。

なんかブログ、ずっと更新したいのに、更新する時に書こうと思ってることまで考えてるのに、いざってなると全然やれなくて、何でなんだろう。

何だか常に台本だの仕事だのでざわざわしてて、ブログ更新するなんて贅沢だ、みたいな、何の強迫観念だこれは。

 

↑いまここまで書いただけでも涙でそうなぐらい嬉しいです。

めんどくさがりだけどブログ書き始めると本当に楽しいのも知ってる。

 

また近いうちにブログ復活を目指しています、その時には色々やりたいこともあるのです。

 

 

さて。

宣伝ばかりで何だかなですが、私が主宰する演劇ユニットのカミグセが、月末から本番です。

今回は王子小劇場の佐藤佐吉ユース演劇祭にお呼びいただき、5つの参加団体のトリを務めさせていただきます。

 

原案は太宰治の「女生徒」、これいつだったか、メンバーの嵯峨ふみかが「つくに好きだと思うよー、いつかやろうよ」ってサラって1回くらいだけ言ってたのを私ちゃんと覚えてて、で、春のあったかいいい時期に公演をするということで、原作的にはたしか一ヶ月くらい足りないんだけど、やることにしました。

 

女子7人で、モノローグいっぱいで、制服で、かわいくて、憎たらしくて、清らかで、うるさくて、美しい。

私がまずちゃんと満足すべく、それはそれは贅沢に作っています。

 

私の作品では、もうずっと羨ましさみたいなものが根底にあって、私と私以外の接点ってきっとそこにあるんだなと思っていて。

誰かのことを羨んで、ふつふつと何か黒いものが沸き立って、で、何とかやっていく。

なんなら、もう触れられない(けど私の中に確かに流れている)昔の私になんかも羨ましく思ったりして(ああ、時間あって羨ましいなとか、悩み事ないのいいなとか)、こっちに来るな、そのままそこにいろ、もし大きくならなければいけないなら、私にはなるな、って、昔の私に言ったりする。

過去って残酷で、変えられないし平気で私を傷つける、でも通らなかったら私はここにいない。

でも羨むことをやめようとしても、もう24年こうならば、ここからもうまくやっていくしかないと思う、だから私は他人のことを羨ましいと思うことをやめないことにした。

いつかこの矢印は私に帰ってくると信じて。

 

・・・みたいなことを考えながら、作品をつくっています。

 

今回は女子7人の作品ということで、最近よくご一緒する有吉宣人は出る幕がなく。

そのかわりでは別にないのですが、ドラマトゥルクとして参加してくれています。

そんな有吉が、深夜私とルノアールに篭った時にこっそり録音したのを、インタビュー形式で公開してます、マジかよ。

note.mu

私が何で「女生徒」をやることになったか、どう思ってるのかみたいな話です。

文中では私が男好きであることがそっと暴露されていたりもしますが別に構いません。

 

ちなみに、公演本編には出演ならずだった有吉ですが、まさかのアフターイベントに出演します、マジかよ。

ラスト2ステで昨年3月に発表した短編「ざり蟹、水辺を遠く離れて」を再演します。

もっとちなみに、こちらも改稿します(予定)。

おそらく相澤友希&有吉宣人のオリジナルキャストで上演するのはもう最後なんじゃないかな・・・と思うので、見逃した大多数の方々はぜひこちらもご覧いただければ幸いです。

 

あと、そう、カミグセの公式WEBサイトができたんです!

www.kamiguse.com

嵯峨がめっちゃ頑張ってくれています日々。

なんなら次回公演ページなんて、嵯峨直筆の尻をはじめとする体の部位がスクロールするわよ。

ぜひいっぱいスクロールして尻を眺めてください。

 

そんな、今作です。

チケットがまだまだいっぱいあります。

年度の変わり目という社会人殺しな公演日程ですが、どうにかこうにかこっちもやっております故、どうにかこうにかお越しいただけますと幸いです。

 

 

誰かのことを羨ましい私、のことを羨ましい誰か、のことを羨ましい私、のある朝から晩まで

 

カミグセ
佐藤佐吉ユース演劇祭参加作品
『隣の芝生の気も知らないで』

 

https://www.instagram.com/p/BCH_Qz8FcoH/

 

■原案■
太宰治「女生徒」

■作・演出■
つくにうらら(カミグセ)

■出演■
嵯峨ふみか(カミグセ)、Q本かよ(劇団レトルト内閣)、市岡一恵、加藤みき、小見波結希(しかくさんかく。)、藤野沙耶、牧野つくし


■タイムテーブル■
3月31日[木]19:30
4月01日[金]14:00 |19:30☆
4月02日[土]14:00◎|19:30☆
4月03日[日]11:00 |15:00★
4月04日[月]14:00★

※受付開始・開場は開演の30分前

--------------------

【☆】=終演後、トークショーを開催予定
4月01日[金]19:30・・・池亀三太(ぬいぐるみハンター/佐藤佐吉ユース演劇祭ディレクター)×つくにうらら トークショー
4月02日[土]19:30・・・越寛生((劇)ヤリナゲ)×つくにうらら トークショー

--------------------

【★】=終演後、短編「ざり蟹、水辺を遠く離れて」特別上演
2015年3月、2ステージ限定で野外にて上演された幻の作品を、王子小劇場裏手の佐藤佐吉ユース演劇祭特設ブース「池亀家」にて再演致します!
売れない作家とその妻が織りなす、私達がこの先一緒に生きていくために、今できる、20分。

作・演出|つくにうらら(カミグセ)
出演|有吉宣人(ヒヨコの神様)、相澤友希

4月03日[日]17:30〜
4月04日[月]16:30〜

※上演時間は約20分を予定
※「隣の芝生の気も知らないで」をご予約の方のみご入場頂けます
※各回先着20名様限定・予約不要
※チケット無料・カンパ制
※座席は立ち見等の可能性がございます

詳細はhttp://www.kamiguse.com/をご覧くださいませ。

--------------------

【◎】=2日(土)14:00の回には託児サービス(要予約)があります。
(0歳・1歳2000円、2歳以上1000円)
詳しくはイベント託児マザーズ(0120-788-222)までお問合せください。

--------------------


■会場■
王子小劇場

http://www.en-geki.com/

王子駅より徒歩5分
JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から北本通りを直進
「鑑定倶楽部」というお店の地下


■チケット■
前売り一般 2800円|当日一般3300円
前売り学生 2500円|当日学生3000円
高校生以下 1000円(前売り・当日共)

※全席自由
※学生、高校生以下は要学生証提示
※未就学児入場不可


■チケット予約■
下記タイムテーブルよりつくに扱いでご予約いただけます。

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 給与計算 FX 初心者 シストレ比較 撮影スタジオ


■お問い合わせ■
【MAIL】info@kamiguse.com

Twitterカミグセ (@ka_mi_gu_se) | Twitter

【公式WEB】http://www.kamiguse.com/

カミグセ「あのこそのことはないちもんめ」公演のお知らせ

お久しぶりです、つくにです。

6ヶ月ぶりの更新です。
更新しようとは思ってたのですが、なかなか手が出ず。
制作の仕事や、劇場の仕事などなど、忙し楽しい毎日です。


さて、ちょうど1年ぶりに、カミグセの新作本公演を行います!
間も無く本番です!

過去最多、9人もの方にご出演いただきます。
ひねくれてこじらせて大人になった三姉妹とその周辺の人々が織りなす、正しさや許しについて問う75分です。

自分を変えるのも、自分を救うのも、きっと自分1人ではできないだろうということから、人との関わりの中で生きていかなければならない我々を描けたらな、と思ってやっています。

個人的に、この作品は救いです。

最近よく、あなたと私が別々の人間でよかった、と思います。
「どうしてあなたみたいにできないのか」という別々だからこその妬みや悲しみ。
そしてその先にあるかもしれない「あなたがいたから今の私がいる」という別々だからこその喜び。

そんなことを舞台上で、苦悩し緻密に積み上げます。
どうぞお楽しみに。 

---------------

    「お前のせいだ」と言えたなら、私はどんなに楽だろうか


「あのこそのことはないちもんめ」
作・演出 つくにうらら(カミグセ)


《出演者》
相澤友希
あおのゆきか
有吉宣人(ヒヨコの神様)
市岡一恵
榊原美鳳(劇団寄鳥緑)
長友美聡(:Aqua mode planning:)
中村佳奈
横地望

嵯峨ふみか(カミグセ)


《公演日程》
2015年10月22日(木)〜26日(月)
全9ステージ

22日(木) 19:30
23日(金) 14:00/19:30
24日(土) 14:00/19:30
25日(日) 11:00/15:00
26日(月) 13:00/18:00
※受付開始・開場は開演の30分前


《会場》
王子小劇場

王子駅より徒歩5分
JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から北本通りを直進
「鑑定倶楽部」というお店の地下


《料金》
⚫︎前売り
一般 2500円
学生 2200円
高校生 1000円(前売り・当日共)
⚫︎当日券各300円増

※日時指定、全席自由席


《ご予約》
下記のURLよりつくに扱いでご予約いただけます。

《お問い合わせ》
[MAIL]kami_guse@yahoo.co.jp
[TEL]080-5093-2725(つくに)
Twitter]@ka_mi_gu_se

---------------

おはようございます、私です。

何故こんな時間まで起きているかというと、昨日よく寝てしまったというか、前日家で飲んだ日本酒(コップ一杯だけ、それだけです)に完全に負けていました。

日本酒大好きなのにこんなことになってしまうので、もういっそ日本酒なんてこの世からなくなれば良いのに・・・。

 

ちなみに日本酒好きの方に、ここ、オススメです。

www.ponshukan.com

 ていうか、前ここに行った時は全然次の日もひどいことにならなかったのに、何でしょうか、ただただ苛立ちます。

新潟のお酒、特に八海山が大好きです。

あと吉乃川も。 

 

でも日本酒なんてこの世からなくなれば良いのに。

 

 

 

・・・嘘です。 

 

日本酒好き。

でもこの気持ち、どうしたら良いのかわからない。

 

 

 

週明けから久々にまた制作の現場に入ります。

monophonic orchestra

↑↑こちらをぜひ、ご覧くださいませ。

 

「さよなら、三上くん」という作品をやるわけなのですが、カミグセが旗揚げ時にタッグを組んだはんなりふるぼっこが私達との公演で上演したのも「さよなら、三上くん」。

 

 

・・・?

 

 

そうなんです、「さよなら、三上くん」が遂に本家本元、須貝英さんの手によって上演されます。

しかも今回は追憶編と望郷編の2バージョン、初演時から大幅に書き換えての上演です。

そして、その制作が、私です。

奇遇か。笑

 

というわけで、おそらくどちらの上演にも内部から関わった唯一の人、月曜から小屋入りです、がんばります。

 

さっきいっそいでプリンターのセットアップとかしました。

そもそも家の無線LANの設定とかもちゃんとしなきゃいけないのに、全部すっ飛ばした。

あと、小屋入りに際し、端から感電するVAIO(75歳・要介護)はもう連れて行ったところで文字が打てるだけの箱なのでどうしようかと困っていたところ、某K先輩からのご好意で格安で売っていただきました、

https://instagram.com/p/1T1RKhlckp/

MacBook Airの11インチ!!!

待ってたよ!!!

これで晴れてデスクトップもノートもMacにお乗り換えです。

こんな日々が来るとは思っても無かった。

使いやすい、はあ。

ありがとうございます。

 

ちなみにデスクトップは江ノ島の浜辺で跳ぶ牧野つくし。 

 

 

 

ゴミ出して、そろそろ寝るかなあ。

もう夢なんて見たくないと言ったって

ここ最近の夢見が悪い。

最近やっと穏やかな生活に落ち着き始めて、突然癇癪を起こすことも減り(お恥ずかしながらこの歳になっても、というかこの歳になってカチンときて酷く喚き倒すことが増えに増えた)、やっとだやっと、この一、二週間上手くやっている感触があるのだけれど、唯一の阻害は夢。

元々、夢と現実の境が分からなくなって、夢で見たことを現実だと信じてしてもいない約束を信じ込んだり、寝起きに不機嫌になって暴れたりなど、夢はいつも私にとってあまり良い作用を及ぼさないことはこの3〜4年で痛感してはいたのだけれど、またも最近ぶり返している。

大丈夫、大丈夫と言い聞かせながらも、実際は頭の片隅で何かにつけ臆病が顔を出し、夢の中でコツコツとノックをしてくる。

その大丈夫は本当に大丈夫か。
それはお前の「夢」ではないか。

正直、そっとしておいてくれ、と自分の臆病に対して思う。
いいんだよ、いいってことにしたいんだよ。
お前がいなければ、もっとずっと穏やかだ。
私の臆病は、私を着実に食い潰す。

臆病はせっかちで短絡的だ。
怖さを和らげたがる癖に、だいたいその臆病は下着一枚で地雷原に踏み出し、そして踏む。
事前の思考なんて、実際あったものではない。
臆病はよく考えているフリをする癖に、結局最後は裸足でガラスを踏む。

そろそろ私の飼う臆病も、思考の筋力をあげてやらねばと切実に思う。
ドス、と腰を深く下ろしている覚悟には、とても体力がいるのだ。

とにかく、私は私の臆病に、私の臆病が唐突に耐えきれず駆け出した結果の怪我に、この先の未来を潰されたくはない。

結果は焦らない方がいい、としっかりと、ドス、とやっていかなければいけない。
結果とは、何事も終わってみるまで分からないのだ。
ドス、とやっていくというのは忍耐だ。


とは思いつつも、以前も同じ夢に何年も何年も苦しめられていた経験から、今日も私は夢が怖い。

臆病で正直とは、大層我儘な生き物に育ったんだな。


ありがとうございました。

1/10世紀のはらっぱ祭り参加作品 カミグセ「ざり蟹、水辺を遠く離れて」無事に終わりました。
ご来場頂いた皆様、関係各所の皆様、本当にありがとうございました。

今回の作品は日没しないと上演できないため、日没待ちという名の下に、高谷楓によるダンスの上演、カミグセ嵯峨ふみかによる観客全員参加のラジオ体操など、結果的に様々な付帯イベントともにお送りすることとなりました。
いろいろ申し訳ありませんでした。
きっと寒かっただろうなと思います。
ちなみに私は外気がわからないレベルまでぶくぶくに着込んでいました。
いまは自宅で壁と屋根にひたすら感謝しています。

今回は、私が一人暮らしをはじめてから感じたこと、考えたことを作品にしました。
この一人暮らしがなければできない作品でした。
だから、私の話、といっても過言ではありません。
でも恥ずかしいなんてことは全くなく、稽古すれば稽古するだけ愛おしさの増す作品になりました。

今回は客席が少なかったためほとんどの方がご覧になれていません。
私は好きなものはみんなに自慢したいという厄介な性格なので、またどこかでこの作品は再演します!

ということで、今回はこれで、また会う日まで。

f:id:ulalatsukuni:20150310025035j:plain

みんなで写ってるのがこれくらいしかなかった・・・。

打ち上げ、我が家でやったのですが、元劇団員藤田彬とカミグセ常連中村佳奈の参戦もあり、

f:id:ulalatsukuni:20150310180038j:plain

人が多い。
75cm×75cmのコタツに7人は狭かった・・・。


というわけで、ここから秋まで、しばらく脚本・演出はお休みです。
再来週くらいから月1くらいのペースで制作さんになります、今度は受付でお会いしましょうね。

あと、カミグセの10月公演に向けて5月にオーディションをします。
また告知しますが、私は初めてオーディションをするので緊張しています、なので皆さんはせめて緊張しないで来て欲しいです。



さて、普通の生活に帰って来てみたはいいものの。
かれこれひと月ほど疑心暗鬼の国にいる私は正直あんまり健康ではない、気がしています。
最近の心の口癖は、「人間には無限の可能性があるからいけないんだ」と、「カラオケ行きたい」もっぱらこの2つ。

健やかな生活はいずこに・・・


カミグセ「ざり蟹、水辺を遠く離れて」

家→職場→稽古場→家の無限ループで毎日が怒涛の速さで過ぎ去っています。
3月が来ます、信じられない・・・。
ていうか2月、お前短い・・・。
家賃を危うく払い忘れるところでした。
滞納、ダメ絶対。


ということで、3月が来るということは、カミグセの本番も来るということです。
1/10世紀さんのイベントにお呼ばれして、日暮里の貸しはらっぱ音地というところにテントを建ててその中で短編を上演します。

カミグセとしては初めての二人芝居です。
「その揺れ〜」に引き続き2度目の出演、有吉宣人(ミームの心臓)、そして今回カミグセ初参加の相澤友希で、ある若い夫婦の話を上演します。

そしてもう一人、二人芝居のはずなのに、ダンサーとして大学同期の高谷楓も出演します。
どのような形での出演かは、まあ、お楽しみに!!!笑

お席が毎ステとっても少ない上、2回のみの上演です。
ご覧になりたい方はぜひお早めにご予約ください!
なお、完全予約制になりますので、こちらもどうぞご注意を。

鬱屈した夫婦の、今できる精一杯です。

まだまだ寒いけれど、はらっぱで待ってます。



私達がこの先一緒に生きて行くために、
今できる、15分。


1/10世紀のはらっぱ祭り参加作品

カミグセ
「ざり蟹、水辺を遠く離れて」

f:id:ulalatsukuni:20150227211210j:plain

作・演出:つくにうらら(カミグセ)
出演:有吉宣人(ミームの心臓)/相澤友希/高谷楓


【日時】
3/6(金)16時|3/7(土)16時
※駅からの道案内+他2団体の上演有

【会場】
日暮里 貸しはらっぱ音地
※当日の集合は日暮里駅になります。
※野外ですので暖かくしてお越しください。

【料金】
¥500(要事前予約)

【ご予約】
メールの件名を「チケット予約」とし、
お名前、ご希望の日時、人数をご記入のうえ、atenthcentury@gmail.comまでご連絡ください。

【お問い合わせ】
1/10世紀
atenthcentury@gmail.com